会計処理の見える化

/ エグゼクティブパートナー

会計処理の見える化とは

会計処理の見える化、色々な場面で言われます。

「経理周りがいつも遅くまで残っていて…?」

「実は経理は良く分からなくていつもガサガサしているけど…」

「何がどう問題なのか、担当に聞くんだけどねぇ…」

等々。私たち天神経営では「会計処理の見える化(可視化)を可能にする条件」を次のようにとらえています。

大前提として、企業活動の結果の集約が経理であるということです。

会計処理の見える化チェックポイント

当たり前のことですが毎月・毎年作成されるPLやBS、もちろんCFもですが、日々の企業活動の結果が経理へ集まり、これを確認・集計することで財務諸表が作成されます。

その上で

① 財務諸表の各科目毎に担当が(相手科目含め)決められていること

責任の所在が明確になっていること

② 最小単位で週ごとの会計業務のスケジュールが明確になっていること

③ 月毎の会計業務スケジュールが他部門と共有されていること

④ 少なくとも週次において会計項目の70%程度はその数値の進捗が何らかの方法において把握できること

⑤ 前年度対比や予算対比等、実績との比較対象があり、これが可能であること

⑥ 特に費用処理に関しては当社側がその主導的立場であること

⑦ 他部門との情報のやり取りが一か所に集約されていること

マネジメント機能が働いていること

⑧ 財務権限等、決裁権限が正しく運用されていること

⑨ 損益構造が整然と整理されていること

⑩ 会計伝票が業務基準や財務権限に基づき承認されていること

等々をチェックします。

経営判断は透明性のある数値にもとづいて

もちろんこのすべてをクリアにする必要はありませんが、このような項目がある一定レベルまで引き上げられたときに、経営判断をするに値する数値が透明性をもって(いわゆる見える化され)提示されると考えています。

私たち天神経営は「決算スケジュールの早期化」と合わせ、こうした会計・経理周りについても実務をともにし、伴走支援していく準備があります。

もちろんこのノウハウは当然お客様の会社の経験値として社員に受け継がれ財産となります。私たち天神経営のご支援は、全てお客様のためにあります。