仕事の質

/ エグゼクティブパートナー

仕事の質とは?

仕事の質…一体なんでしょうか?「質」、クオリティです。

質が良いor高い仕事、質が悪いor低い仕事…、ネットなどでは「中身」や「完成度」と言われていますし、その先にあるであろう意義とか貢献度とか書いてあります。

では一旦「周りの人たち(社員)が楽になる」と質の定義をします。

自分の仕事が後工程の人たちが楽になるように、そして自分の仕事が仮に間違えた時に誰でもがすぐに分かるようにしておくこと、つまり自分の仕事を俯瞰できるまでやりこなせるようになること。これを質の向上プロセスとしてみます。

仕事の経験値を高める

そのためにはまず、その仕事の経験値を高めることが必要です。

経験されたことがある方もいるでしょう、やっているうちに、「あれ?こうしたらもっと楽になるじゃない?ん?」、この瞬間。

そうして今までやってきた自身の仕事を俯瞰できるようになります。

ただし20年ほど前ならここまでに要する時間も社会は許してくれました。

ですが今は人が育つに要する時間をなかなか許容しない社会になってしまいました。

ましてやコロナウイルス等の未知の脅威が社会を襲い始めた昨今はもはやそれどころではないのです。もっと言えば一つ一つの仕事に要する工数を短くし内容を端的に見せられるかが「その先」に求められ始めています。

しかし「その先」に行くには「その前」をしっかりしなければ行けません。

ではどうしたらよいのか?

私たち天神経営は、一つの選択肢をご用意しています。

今までの記述にも出てきますが、道しるべとなり一緒に仕事をし、都度アドバイスを行い
軌道をちゃんと見てあげる、「たよれる上司」がいれば良いのです。

何をどうしたいのか、どこに持っていきたいのかをまずはきちんと定めてあげる、これに向かうプロセスとマイルストーンを一緒に考えて導いてやれるものが傍にいれば、経験値は見違えるほど早く上がっていきます。

コツやポイントを会得する

本来、自分が何度も経験をすることで会得する「コツ」や重要視するべき「ポイント」を
早く見えるようにさせてあげること、そもそものところで私たち天神経営の目指す根本はまさにここにあるのです。

私たち天神経営にテキストはありません、何故なら会社も業務の進め方も社員も同じではないからです。

もちろん会社法や金商法など準拠するべき法律や業務フロー等あるべき姿の物差しはあります。

ですが日々人が行う仕事は自分だけの世界では完結するものではなく、他部門とのやりとりや取引先とのやり取りもあって、一律にこうだとは言えないからです。

社員一人一人が自ら自分のテキストを作り上げていくことが重要なのです。

ともに作り上げるから創意工夫が生きる

だから私たち天神経営は、一緒に仕事場に入って創意工夫することの手助けをします。

そして意識を変え、こだわりを創り、あるべき姿を共有して「自分にとって」を「みんなにとって」、「顧客にとって」「会社にとって」に変えていきます。すなわち「周りの人たちが楽になる」に。

これが叶ったときに前述した「その先」に到達する基本が組織の中に出来上がります。