• 支援事例

    CASES

  • 赤字小売店の収支改善

    東海地方の小売店。3店舗中2店舗が赤字。財務・POSデータから店舗毎の売場管理の差異を特定し、業績目標と管理方法を再設計。プロジェクト完了後もPDCA管理を伴走支援。事業利益ベースで6百万円の改善を見込む。
  • ベテランのノウハウ継承

    長年の経験と直感を重視する名物店長が取り仕切り、若手がすぐに辞めてしまう職場環境。店長とともに現場ヒアリングを通じて作成したノウハウ継承ブックを展開。新人の悩みであった「教えてくれない」を解消。
  • 不採算事業の赤字幅縮小

    統廃合前提の依頼で着手するも、プロジェクトを通じて現場からの提言を取り入れ経営方針を転換。売上高至上主義の現場に利益意識を共有し、販売力強化の余地を探りながら収益増加を目指す実行計画(中期経営計画)を策定。事業利益ベースで18百万円の改善を見込む。
  • 事業改革チームの運営

    系列企業の業績悪化対策としてコンサルティングをおこなうため、若手からベテランまで様々なメンバーが集いチームを発足。コンサル初心者のフォローアップ、財務分析や週次報告会議の取りまとめ、チームメンバーからの支援要請にもとづき適宜チームの課題解決に対応。
  • 補助金に絡めた営業推進

    IT導入支援事業者として自力で登録まではできたが、客先の申請サポートに不安があるITベンダー。先行して取り組んだ案件のほとんどが不採択であったことから、制度概要のおさらいと不採択案件の共通点の分析を実施。修正必要箇所を特定・添削したのちに再申請を支援。複数の案件で復活・採択を実現。
  • ECサイト構築

    福岡の革製品修理業。コロナ禍で地域需要の取り込みが後手に回り、急速に収益が悪化。新たな収益の柱となる取り組みとして「再製品販売」に着手したいとのご相談。既存のWEBサイトをECサイトに置き換え、従来からの本業の受注機会の増加もねらいたいとの希望を踏まえた内容でIT導入補助金に申請、採択。
  • 持続化給付金

    福岡の不動産業。コロナ禍で業績悪化。給付金申請のサイトと概要資料を提示して解説。持続化給付金の新規開業特例の場合の対応方法、および、特例の場合の計算方法をご説明。ご本人による申請が難しいとのことで、申請サポート会場として飯塚商工会議所をご案内。後日給付金100万円の受給を確認。
  • 独立開業の事業計画策定

    会社勤務で得た特殊な業務経験・業界知識を生かした社会貢献を志す独立開業希望者。創業計画の作成から創業融資の準備まで段取りをし、一人起業によくある不安「わからないことがわからない」を解消。
  • 補助金書類添削・ベンダー交渉

    手芸品の小売・通販業。持続化補助金に自力で申請したが不採択とのことで、内容の見直しとその他補助金の活用余地の確認・助言を希望。販路開拓の全体像を修正し、より実現性の高い取組事項を策定。一部IT導入補助金の活用が考えられる内容があったため、適切なサービスの選定・IT導入支援事業者との交渉を担当。
  • 非対面サービスの開発・展開

    小顔矯正・美容サロン。感染症の拡大・外出自粛により来客が減少。非対面での指導事業の展開を計画。技術研修プログラムの組み立て方、導入機材の選定、店舗の移設検討を支援。あわせて今後活用余地のある補助金の概要説明を行い、狙うべき時期と内容をご提案。
  • 家賃支援給付金の申請支援

    北九州の飲食業。給付金申請にあたって必要となる書類の確認を希望。賃貸契約書の記載と今の賃貸人が異なる場合の対応について、対応漏れがあったため補足説明。公式サイトのご案内とパンフレットをもとに該当箇所の解説を実施。追加提出書類様式とその記入例をご説明。
  • 独立開業直後の補助金活用相談

    音楽関係の個人事業主。販路開拓のための補助金の活用が想定されるが、創業していることが条件の一つにあるため、まずは開業届の提出が必要であることをご説明。また、基本的には経費の支出が先にあり、その後に一部を補填する形で補助が出る等の全体像を補足してご案内。
  • 広告宣伝活動への補助金活用

    北九州の鍵屋。特殊形状の合鍵を作る機器を新たに購入し、事業の幅を広げたいとのご相談。事業展開にあたっては様子を見ながら広告宣伝も行いたいとの希望みがあったことから、小規模事業者持続化補助金の活用をご提案。販路開拓の取り組みとして計画をまとめ、申請。審査中。
  • 持続化給付金の申請手続き支援

    福岡県東部の内装業。給付金全般について、どうすれば貰えるのか、全般不明なため手続きなど確認したいとのご相談。まず早急に手続きするための流れをご案内。必要書類とオンライン申請について公式資料を参照しながらご説明。オンライン申請ができなかった場合に備えて、近隣のサポート会場についてもご説明。
  • 家賃支援給付金の申請支援

    福岡のアミューズメント施設。賃貸契約書以外の手続きに必要な書類は揃っているとのことで一通り内容を確認。賃貸契約については、代替資料として証明となる書類を作成・提出するとよい場合もあるため、大家さんと協議の上、作成いただく可能性があることをご説明。申請にあたってはサポート会場が利用できる旨のご案内と、書類の記入間違いをその場で確認・修正。