ご入力頂いた情報(個人情報を含む)は、下記の目的で当社が利用いたします。その他の取扱いについては個人情報保護方針に従います。
・当社のサービスまたは製品のご案内のため(電子メールによるものを含む)
・当社によるアンケート、各種セミナーのご案内、市場調査のため
・当社のサービス品質改善に向けた利用分析及び統計データ作成のため
・その他重要なご連絡のため
なお、ご入力いただいた情報が当社の他のサービスでご入力いただいた情報と一致する場合、 それらの情報を組み合わせて上記に記載した目的の範囲内で利用させていただく場合がございます。

サービスの全体像

経営の見える化

  • 収支構造分析

  • 損益分岐点分析

  • 全社員面談

  • 中期経営計画

  • 実行計画策定

  • PDCA管理

経営管理と現場業務の最適化

経営資源を統括・管理する統制機能の導入と確立


経営者が期待する「成果」は、定型的な事務処理を依頼通りに完遂することではなく、組織の成長や増収増益への貢献ではありませんか?

成長企業は、その過程で3年後・5年後の事業展開を見据えた統制の機能づくりに取り組んでいます。全ての業務の礎である統制機能を適切に稼働させ、組織を束ね、従業員の持つ知見や技能を最大限活かすためにも、先延ばしにせず早め早めの体制整備をオススメいたします。

私たち天神経営は、経営チームの一員として経営管理の実務に身を置き、企業の内部統制を推進してきたノウハウを提供・共有し、最短距離で成果を生む選択と集中を先導いたします。

  • 取引先・販売管理

  • 印章管理・承認手続き

  • 固定資産・在庫管理

  • 販管費・労務管理

  • コンプライアンス・安全衛生管理

  • 内部監査室立ち上げ

経営人事の仕組みづくり

採用・評価・教育の一連設計と、適正な運用の定着


良い人材が集まらない。採れない。育てられずにすぐ辞めてしまう。頑張りをきちんと査定できているのか不安。個々の業務目標と達成度をどのように評価すればよいのだろうか。

どんな組織でも「問題」は起こります。全員が100%満足する対策はありません。しかし、その時々の段階に適した対応の仕方があります。

私たち天神経営は、組織に必要な人物像を定義し、引き入れるための原則を知っています。人が定着し成長する仕組みづくりに実績があります。採用・評価・教育は一連の流れで構築すべきこと、更新が必要であることから目を背けず、ともに在り、誠実に向き合い続けます。

  • 人材採用

  • 人事評価制度

  • 目標管理

  • 社内教育制度

  • 中小企業BANTO公認講座

  • 動画教材・研修

公的支援・補助金の徹底活用

「知らなかった」で損をすることのない万全な対応の実現


理不尽ですが、知っている人だけが得をする話があります。「知らなかった」で損をした気持ちになるのは、もう終わりにしましょう。

政府や自治体は、販路開拓・ITツールによる課題解決、革新的な事業活動、時流に即した事業転換など、期待・推奨する活動に「補助」を設けて後押ししています。自社事業の計画推進や目標達成に活かさない手はありません。

私たち天神経営は、貴社各事業の事業内容・財務状況・組織状態・将来構想を把握し、申請対応時期まで見極めた適切な補助金の選定・段取り・申請後の後処理まで、余計な手間をおかけしない徹底した伴走支援をいたします。

  • 経営革新計画

  • 小規模事業者持続化補助金

  • IT導入補助金

  • ものづくり補助金

  • 事業再構築補助金

  • 福岡県感染拡大防止協力金

申請したいのに公募要領を見ても
何をすればいいかわからない

うちの取り組みでも
補助金の対象になるのか確認したい

書類の書き方や内容について
添削アドバイスがほしい

構想を書類に書き起こす時間がない
代わりに作ってほしい

申請の段取りに手間を掛けたくない
やるべきことを都度案内してほしい

実績報告やその後も引き続き
フォロー可能な専門家
に相談したい

お困りごとの内容や予算に応じて
適切な相談相手を選びましょう

申請費用を抑えたいなら
商工会議所に相談
< 無料の添削指導 >

こんな人にオススメ

  • 公募要領を自分で読み解ける
  • 書類作成も自分でできる
  • 申請の段取りは概ねわかる
  • 窓口に何度も通っても構わない
  • 絶対にお金をかけたくない

意味のある計画を立てたいなら
実績ある士業に一任
< 専門家に丸投げOK >

こんな人にオススメ

  • 信頼できる士業と付き合いがある
  • 計画は専門家の助言を受けて作りたい
  • 着手金があっても構わない
  • 成功報酬があっても構わない
  • 事後報告は自分でできる

トコトン手間を省きたいなら
取引先に手続き依頼
< 商材の理解度No.1 >

こんな人にオススメ

  • 申請する内容にはこだわらない
  • 申請は可能な限り丸投げしたい
  • 補助がもらえるならそれでいい
  • とにかく手間を掛けたくない
  • 業者さんが親身で協力的

商工会議所に相談するなら、ココに注意!

商工会議所(地域によっては商工会)の会員でなくとも申請書類の添削指導を受けることができます。ただし、指導員の指名はできず、あくまでも「添削指導」のため、書類作成は依頼できません。繁忙期には他にも多数の相談者の対応に追われるため、指導員に対してつきっきりで手取り足取りの指導を求めることはできません。また、常に同じ担当者に指導してもらえる保証はなく、その日の出勤スケジュールや混雑状況によっては別の指導員が関与する場合もあります。指導員が変わるとアドバイスの視点が変わるだけでなく、前後の事情を改めて説明したり、事業内容を理解してもらうために余計な時間がかかってしまいます。といっても、補助金の制度上、申請手続きの過程で商工会議所との連携は必須です。相談相手や書類作成支援の依頼先がどこであっても、商工会議所との関係は良好に保っておきたいところです。

実績ある士業に一任するなら、ココに注意!

行政書士や中小企業診断士などの士業に依頼して、申請書類の作成から申請手続きまで代行・支援してもらいます。ただし、多くの場合、書類作成にかかる稼働費用として数万円の「着手金」が申請の合否に関わらず発生し、補助金採択が決まると「成功報酬」として補助額の10~20%程度を分け合う追加請求の契約となります。手間を掛けずに申請したいが為に依頼したものの、成功報酬を支払ったあとのフォローや実績報告は別料金で結局自分がやることに・・・といったこともよくあるものです。また申請書類の内容が実態に沿ったものであるか、きちんと自分でも確認しておかないと「採択されたはいいが、実績報告ができずに補助が出ない」というリスクも考えられます。採択されたらおしまいなんて無責任ではないか!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、士業側にも理由があります。実績報告は補助金の対象事業を完了したことを報告するもので、補助金申請をスポットで支援する士業にとっては「僅かな報酬では状況の変化や計画修正まで面倒を見きれない」という現実があるのです。というのも、実績報告を終えて補助金が振り込まれるまで申請時点から数えて1年以上経っているという状況も珍しくないからです。この点、もともと長い付き合いのある税理士さんや、これから中長期的に経営支援を受けたいと思える中小企業診断士など、適切な相手がいるかどうかにもよるところでしょう。

取引先に手続依頼するなら、ココに注意!

ホームページ制作会社や広告代理店、デザイン事務所などから「補助金を使ってうちのサービスを使いませんか?」と提案を受け、補助金申請から目的の商品・サービスの納品まで丸ごと支援を依頼する方法です。業者さんによっては「無料対応」をうたうところもあり、一見良さそうに思えます。ですが、士業に支援を依頼する場合と同じく、補助金の申請にあたっては採択された内容を「原則実行する」ことが求められますので、どのような内容で申請されるのか、商品・サービスの費用は内容に見合っているのか、その後のフォローや不採択時の対応はどうなるのか、事前のすり合わせが欠かせません。メリットとしては補助経費として申請しようとする商品・サービスについて、最も詳しい立場から補足できるため、計画書の説得力を高める事例や表現を盛り込める可能性があります。補助金を活用することで何を実現しようとしていて、どのような効果が見込めるか、類似する「先に通った申請」をもとに書類作成を助けてくれる場合があります。とはいえ一方では、同時期に申請が重なると金太郎飴的な定形文で計画書を作られてしまい、申請内容が似通ってしまう可能性があります。同じような申請書類があると審査員から「事業主が自らきちんと考えたものではないな」と見透かされ、厳しい点数がついてしまうリスクを抱えがちであることは理解しておきましょう。

諦めないでください

わからない、めんどくさい、で補助金の活用を諦めるのはもったいない!

ぜひ、経営補佐官を頼ってください。

経営企画・経営管理の実務経験が豊富な中小企業診断士・内部統制の専門家集団だから、任せて安心のワンストップサービス。

付け焼き刃でない「実際に使える計画」の設計はもちろん、実行・実現・実績報告までご要望に応じたご支援が可能です。

支援体制は外注先への丸投げを一切しない安心の社内担当制。

伴走型の経営支援を生業とする私たち天神経営だからこそ、最初から最後まで一貫性ある対応が実現します。

伴走支援にあたっては担当者との相性も重要です。お互いに信頼関係を築けるか確かめる意味でも、まずはお気軽にご相談ください。初回無料の経営相談で補助金制度の適用可能性や、その他の選択肢も含め、作戦会議をいたしましょう。

こんなお困りごとが解決できます

  • どうしたら申請できるの?公募要領が分厚すぎてお手上げ
  • うちの取り組みも補助金の対象になるのだろうか?
  • そもそもうちは応募できるの?条件や書類の書き方を教えてほしい
  • 申請できそうな取り組みはあるが書類に書き起こす時間がない
  • 申請書の作成や段取りを専門家に伴走支援してほしい
  • 実績報告やその後もしっかりフォローしてくれる専門家に相談したい

企業における経営企画や管理部にて長期にわたり経営計画・予算統制等の業務に携わってきた経験豊富な専門家が補助金申請を伴走支援いたします!



ご入力頂いた情報(個人情報を含む)は、下記の目的で当社が利用いたします。その他の取扱いについては個人情報保護方針に従います。
・当社のサービスまたは製品のご案内のため(電子メールによるものを含む)
・当社によるアンケート、各種セミナーのご案内、市場調査のため
・当社のサービス品質改善に向けた利用分析及び統計データ作成のため
・その他重要なご連絡のため
なお、ご入力いただいた情報が当社の他のサービスでご入力いただいた情報と一致する場合、 それらの情報を組み合わせて上記に記載した目的の範囲内で利用させていただく場合がございます。

ご紹介いただける支援者であることが誇りです

私たち株式会社天神経営は、前身「すみた中小企業診断士事務所」時代から法人・個人事業主のみなさまのご支援に携わり、ご友人・お取引先など新たなお客様のご紹介もいただいております。一回きりの仕事ではなく、継続やご紹介でつながっていくご縁を大切に思うからこそ、「安価で最低限の使い捨てサービス」のようなことはせず、成果を生み出す徹底した伴走支援を信条としています。

カフェ開業コロナウイルス影響でご多忙な中、小規模事業者持続化補助金の対応を迅速にわかりやすく丁寧にして頂きました。また、相談・依頼に関しても当該する案件以外にも類似するものや、別件でも活用できるものを調査・提示して頂けて大変助かりました。また是非相談・依頼したいです。

実績例掲載「カフェ&バー」オーナーS様

天神経営による補助金申請支援の特徴

個別相談

経営企画の実務を知る専門家が事業計画書の作成を支援


補助金の対象となる取り組みだけでなく、事業内容や過去の実績、将来を見据えた展望などを伺い、計画書の骨子を作成いたします。補助金審査には「審査項目」や「加点要素」があり、これらに配慮した設計が不可欠です。また、採択率を高めるために、計画書全体の構成はもちろん、筋の通ったストーリーの流れを整えることが重要です。

第三者目線だからこそ、独りよがりにならず、審査に耐えうるしっかりとした事業計画ができあがります。計画は実現してこそ。私たち天神経営は、事業計画を活用し、実際に業績UPを実現していただくことに重きをおいています。内容を抜粋したり肉付けすることで、融資時の金融機関等に対する提出書類としても活用いただける水準に仕上げてまいります。

 

時計

無駄なく手間なく、限りある時間の投資は最小限に


補助金の審査は年々厳しくなっています。経営者自身がきちんと考えた内容か否かは見透かされ、取り組む意義を評価されたものが「採択」にたどり着きます。とはいえ、経営者自身が計画書を作成する手間と時間を確保できないケースはままあるもの。事業に一生懸命、将来のために日夜取り組まれているからこそ、補助金のためだけに時間を割くことは難しいご事情もおありでしょう。

私たち天神経営も同意見です。採択されるための基準を紐解いたり、計画書を作成するために多大な手間と時間をかけることが、果たして本当によいことなのか。

補助金はあくまでも本業の成長を後押しするひとつの要素です。補助金を受け取ることが目的ではない以上、必要以上に手間や時間をかけるべきではありません。補助金申請の経験豊富な専門家に支援を依頼することで、結果的に有意義な「時間」と「計画」のどちらも手にすることがかなうのです。

申請に必要な要素はしっかりとおさえ、費やす時間を最小限に。削減できた時間は、経営を前進させるため、あるいは将来について改めて考える機会としてご活用ください。

 

経営者の右腕人材

伴走型の経営支援を生業とする我々だからこそ長期的なパートナーになれる


私たち天神経営の本業は補助金申請ではありません。あくまでもオプションです。補助金申請は目的ではなく、経営目的の達成により早く近づくための手段です。

私たち天神経営の本業は、収支改善や組織拡大を見据えた伴走型の経営強化(人事・業務改善、管理機能の立て直し)です。実際に企業の経営企画・経営管理部門の実務経験で培ったノウハウを持ち、現場で実務をともにする実践重視のコンサルティングを生業としています。

だからこそ「補助金採択、成功報酬もらってさようなら」は絶対にいたしません。経営者にとって、また、現場で働く従業員にとって、私たち天神経営は、貴重な情報源であると同時に「ともにはたらく、最良の相談相手」であり続けます。

 

経営補佐官 角田紘一 組織コンサルタント

万全の感染症対策「オンラインサポート」体制


私たち天神経営は、双方の健康を第一と考え、加えて安全性・利便性の観点から Microsoft Teams によるWEB通話およびチャット機能の活用を推進しております。担当者直通の専用窓口だから、遠慮も不要。支援内容に関するやり取りだけでなく、ちょっとしたご相談にも随時対応が可能です。まるで経営者の右腕のような、あるいは、頼れるベテラン上司のようなレスポンスの早い相談相手が「そこにいる」という安心感を貴社でも体験してみませんか。

補助金を受け取るまでの標準的な流れ

1.お問い合わせ・初回無料の経営相談

ご要望・ご状況を伺い、適切な対応方針をご提案いたします。

2.申請書類の作成支援・添削

ご契約内容にご理解・ご納得いただいた上で、お申し込みをいただきます。まずは対応の全体像を設計し、申請書類(経営計画・補助事業計画ほか)の骨子を作成します。状況に応じて追加ヒアリングや提供資料の確認を踏まえ、更に肉付け・精査し、完成させます。プランによって添削のみあるいは原案のご提案までおこなうなどバリエーションがございます。

3.申請書提出

完成した申請書を補助金事務局等指定窓口へ提出します。※制度のルール上、原則事業者ご自身で行っていただく必要がございます。ご不安な方には同席対応など工夫してサポートいたします。

4.採択・交付決定通知

審査の結果、申請した計画が無事合格となれば「採択通知」そして「交付決定通知」がお手元に届きます。

5.補助事業の実施

経営計画として描いた取り組みを実施します。物品購入やサービスの利用にあたっては見積書、領収書など必要書類をきちんと整理しておきましょう。

6.実績報告書の提出

補助事業を実行して成果が得られたこと、また、そのために投じた費通用経費について、計画通り実施できていることを報告書にまとめて提出します。

7.補助金の受け取り

実績報告書の審査で不備がないことが完了され次第、補助金額が確定。これに基づき補助金を請求することで受け取りがかないます。おめでとうございます!

株式会社天神経営について

福岡天神を拠点とする経営人事・業務改善コンサルティングファーム。中小企業診断士、内部監査室長経験者、上場準備企業の元管理担当執行役員、管理部長級人材など経営企画・経営管理の専門家が在籍。

中小企業や個人事業主向けの伴走型コンサルティングサービスを主要業務としながら、コロナ禍で注目の集まる補助金申請支援、事業計画の再設計などスポット支援にも対応。各種専門家やサプライヤー、ベンダーとも連携しワンストップサービスを提供。



ご入力頂いた情報(個人情報を含む)は、下記の目的で当社が利用いたします。その他の取扱いについては個人情報保護方針に従います。
・当社のサービスまたは製品のご案内のため(電子メールによるものを含む)
・当社によるアンケート、各種セミナーのご案内、市場調査のため
・当社のサービス品質改善に向けた利用分析及び統計データ作成のため
・その他重要なご連絡のため
なお、ご入力いただいた情報が当社の他のサービスでご入力いただいた情報と一致する場合、 それらの情報を組み合わせて上記に記載した目的の範囲内で利用させていただく場合がございます。